引き出しの鍵は交換?それとも複製?鍵屋に相談だ!

鍵の紛失~鍵が開いている場合~

引き出しの鍵を失くしてしまった場合、鍵が閉まっていると中身が取り出せず不便ですが、開いている状態では他の人が簡単に中身を取れるので危険です。ここでは開いている場合鍵屋に依頼できる解決策を記します。

交換依頼の流れ

失くした鍵を誰に拾われるかは分からず、悪用される危険性もあります。鍵屋に交換を依頼すると安心です。

机のメーカーに連絡

鍵を紛失した場合でも、机のメーカーに問い合わせると使っている鍵の種類が分かります。同じタイプの鍵が在庫にあるなら取り寄せてください。

鍵の番号を確認

昔から使っている机の場合、もう取り扱いをしていないこともあります。そうしたときでも、鍵穴に書かれている番号や鍵穴の形からおおよそのタイプが割り出せます。

鍵屋に相談

取り寄せた鍵への交換の他に、近いタイプの鍵へ交換します。

同じ鍵を作る

複数の鍵

引き出しの鍵を複製する場合、元の鍵があるかどうかで費用は変化します。元の鍵がある場合の相場は2500円ほどで、紛失した場合の相場は4000円ほどになります。手元に鍵がある場合の複製はその鍵を元に複製を行いますが、鍵を紛失した場合でも鍵番号を調べることによって複製が可能です。また、複雑な構造のものは料金が高くなります。

業者に相談をすることも必要

鍵の交換を行なうためには、シリンダー部分も丸ごと交換が必要になるため費用や手間がかかります。しかし、防犯性は高くなります。一方、複製する場合は費用や手間が少なく済みます。どちらがいいか鍵屋に相談してください。

TOPボタン